所沢市の育休退園問題を考える保育園保護者の会

資料1

資料1

●下の子への100点加算の問題例①(育休退園せずに育休を取得した家庭との不公平性)

◆ 短時間労働の育休退園のご家庭の場合

1日4〜5時間未満の指数 19点×2+居宅外2点×2+育休退園者の下の子への加算100点+育休中からの入園申請9点+就学前児童あり1点= 152点

◆ フルタイムで月20日以上働く3歳差以上のご家庭の場合

1日8時間以上の指数27点×2 +月20日以上勤務の加算3点×2+居宅外2点×2+育休中からの入園申請9点+兄弟が認可保育園利用5点+就学前児童あり1点=79点

(×2は夫婦のため)


●下の子への100点加算の問題例②(ひとり親家庭との不公平性)

◆ 8時間以上働く育休退園のご家庭の場合

8時間以上の労働 27点×2+ 居宅外2点×2+育休退園加算100点 + 育休中からの入園申請9点=167点

◆ 8時間以上働くひとり親世帯の場合 
  
1日8時間以上の労働 27点 + 居宅外2点 + ひとり親の加算 55点 = 84点

(×2は夫婦のため)



●地域型保育からの入園申請は78名、保育園入園は70名。そのうち連携園は7名(平成28年第3回定例会での答弁より)


●なぜ育休退園により地域型保育が不利益を受けるのか?

地域型保育児が不利益を受ける例


a:364 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional